2018年度アートロ連続講座説明会&種もみ配布

2018年度もアートロ連続講座、開催します!
種は待った無し!
説明会&参加者募集のお知らせです。

【2018年度連続講座 “ひとつ屋根に暮らす” 】

日 時2018年4月22日(日)
13時~16時(受付開始 12時半より)
場 所登呂博物館 1階交流ホール
内 容年度の予定について・苗の育て方について・種もみ配布
講 師宮田祐二さん(静岡県の農業技術研究者)
参加費無料
※22日参加希望の方、下の申し込みフォームからお申し込みください。

米、タネだった!って知ってました?田植え体験は全国各地よくあるけれど、
アートロは今年も苗を種もみから自分で育てるところからやります。

土で土器をつくり、稲を育て、米を食べて、稲藁で道具を作ってきたけれど、
2018年度は、人間が発明した最たる道具『住まい』の屋根に稲藁を使おうと計画。

【2018年度スケジュール】

4月22日「米、タネだった!」
講師:宮田祐二(静岡県の農業技術研究者)
5月20日「土を耕す。〜ところで、土ってなんだ?」(田おこし)
講師:宮田祐二、本原令子
6月10日「土で、稲を育てる。」(田植え)
9月9日「鳥の巣から学ぶ
〜足元にある素材から居住空間をつくる〜」
講師:鈴木まもるさん(鳥の巣研究家、画家、絵本作家)
10月中旬収穫(台風などの影響により変更あり)
11月24・25日「身体で測る、足元の素材で住まいを作る」
講師:相楽育弥(かやぶき職人)伊達剛(建築家)
2月「土で育った米を、土器で煮炊きして食べる。〜収穫祭〜」

2017年3月11日に開催した、相良育弥さんの講座の様子です。

↓↓↓

【連続講座の申込について】

・4/22の説明会のあと、参加申込していただいてもOK
もちろん今すぐ申込していただいてもOK
・年間参加費は、21,000円(1家族)
・募集定員は20家族もちろん1人での参加もOK
・定員に達し次第、締め切らせていただきます。

【 2018年講座 参加申込み 】
お名前
ご住所
電話番号
メールアドレス
その他

登呂は弥生ですけど、定住する前の縄文の住まいを11月に作ってみます。
かやぶき職人の相良さんと2日かけて、藁の結束の仕方も学びながら、移動民のように家を作ります。

9月には、霊長類ヒト科の住まいの前に鳥の巣からも学びます。
どう見ても人間が真似したとしか思えない鳥の巣。
でも、これ住まいじゃないって知ってました?

鳥の巣も、人の住まいも、どちらにも言えることは、たぶん安心と安全。
自ら作って、その中で過ごしたら、何をもって私たちは住まいとするのか?
そんなことがわかるかもしれません。

一緒に学びながら遊んでみませんか?参加してみようかなと思った方、まずは22日の説明会にお越しください。