わらでポシェット作り
開催日時2017年12月3日 (日)
場所登呂博物館1階ホール
講師本間一恵

足元にある身近な素材で道具を作る。2017年までに縄を綯えるようになった。今回は自分たちで育てた稲わらでポシェットを作った。

①藁を叩く

繊維が切れてしまわないように注意しながら、わらを叩いて柔らかくする。

②縄を作る

わらを4本使って縄を結う。足で抑えながら両手で捻って長さをましていく。

③縄完成

縄が完成。 全員がポシェットに必要な長さを結うことができた。

④ポシェットを編む

ポシェットの編み方を本間さんから教わる。 縄ができた人から編み始める。

⑤サイズを調節する

ダンボールにワラ縄を巻きつけながら自分が作りたい大きさに調節する。

⑥麻紐を使って編む

麻紐を駆使してポシェットの形にしていく。ワラ縄と麻紐が交互になるようにする。

⑦完成

余裕がある人は余ったワラ縄で肩紐をつけるなどした。 お互いの作品を見せ合った。

⑧作品鑑賞

最初の縄を綯う時点で、 縄が太かったり細かったりと、個性が出ていた。

ARTOROでは毎年田植えをする。 自分たちで種もみから育て、田んぼに植え、収穫した稲。コメを回収して残ったわらは、屋根の素材や道具に生まれ変わる。

使用した道具

①横槌と木の板:わらを柔らかくする作業に使用。

②麻紐:縄を編んで、ポシェットを形作るのに使用。

 

完成品

わらを一から 編んだので 縄の太さに個性が出る。 大きさや形も バラバラ。